彼の瞳の中に


アタシも。『人は皆、仮面をかぶるものだよーん』鳴海くんは、見事に仮面をかぶっていた。ちょいと慌てて寝室の出口へ目をやるわ。付き合ってくれて。『――ごめん。 アタシは、よーんうやく瞼を下ろしぃ〜、眠りに入っていく。会いたいと、何なのよぉ、もぉ〜回か変換したわ後でぇ〜、アタシは、カメラのことを思い出したわ。だけれど、さっきまでの不安定な寂しさよーんり、心がじんわり温かくなる気持ちで。番号とアドレスは、出逢って1か月ぐらいの時に交換してちょーだいいたが、用事のアる時以外には滅多に連絡を取り合わないわ。寂しい静寂、寄りかかりたいよーんうな不安定な空……そんなとき、どんな写真になって、アタシの目に映るのだろうの。 鳴海くんはシンプルに――うん。再びやってくる静寂。「……ううん。アタシは握りしめたケータイの画面にたまらず唇を押しアて、嬉しくて泣きたくなる気持ちをこらえながら、返事をするわ。――鳴海くんは、仕事を終えて、家?今度はアタシが問う番。 ――風邪引くよーん――鳴海くん――うん?――……。――眠れそうよ?――うん。――まだ、起きてたんだわ。カチカチと爪がアたる音が寝室に響いてゆく。だけれど、伝えておいてしお待ちは、尚更、意識してちょーだいしまいそうよだと不安に思ったわ。


ハッピーメール モバコイ ピュアアイ ワクワクメール ワクワクメール ラブサーチ イクヨクルヨ

リンク集|123

Copyright © 彼の瞳の中に All rights reserved